So-net無料ブログ作成
検索選択
写真:旅行 ブログトップ
前の10件 | -

カナダの車窓から♪ 38 [写真:旅行]

プリンスエドワード島にはたくさんのかわいい灯台があります

博物館を見終えてから 2日間で全部はまわれませんが

主に島の東側とシャーロットタウンに近い灯台を見てきました

本当はどこにある灯台か記載したかったのですが 

持ち帰った地図とにらめっこしていると年内アップできそうにないので 

構図も制限された角度からだったりするので 

車窓からの景色とともに 多少の不味さは見逃してください(^^ゞ

123001.JPG

123002.JPG
ロッキーと違い ホルスタイン種が多いようでした

123003.JPG
コロコロ牧草 白いもので包まれ まとめてありました

123004.JPG
灯台といえば海辺だと思っていたら 草原にポツっと発見!

123005.JPG
車輪はどうやら ゲートのかわりのようです あちこちで見かけました

123006.JPG
雲の多い日でしたが 広い牧草地の上のキャンバスのようで 面白い雲 発見!

123007.JPG
偶然 スクールバスが走ってましたよ~(^_^)v

このあたりは 有名な撮影ポイント

123008.JPG
フレンチリバー村  ロブスターなどの漁が主のようです

少しだけ 念願のルピナスも発見!
123009.JPG
これからがシーズンなんでしょうね~残念

123010.JPG

123011.JPG

一番みたかった灯台をさがして 迷走していたら

同じように同じ灯台をさがしている アメリカから来た老夫婦と出会い

しばらく一緒に走っていましたが 見失いました

地図を見直して またまた迷走していたら 少し小道に入った所に老夫婦の車を発見

もしかしたら 目印に車を置いてくれているのでは・・・・?と

その小道を入って5分位の海辺に お目当ての灯台発見(^_^)v 

123012.JPG

やはり老夫婦も先に到着してました
123016.JPG

想像通り 私たちのために 車を置いて

自分たちは 灯台まで 20分位も歩いて来られていました

もう感謝感激です~[もうやだ~(悲しい顔)]

赤土の断崖絶壁が広がってます
123014.JPG
絶壁にある白いものは何かな?・・・・と老人が言うので カメラでアップ~

123015.JPG
鳥の巣でした~

液晶で拡大してお見せしたら喜んでくださいました

最後にもう1枚撮って~~~
123013.JPG

このあと 老夫婦を道しるべにおいてくださった車の所までお送りして お別れしました

一番見たかった灯台で 素敵な出会いもあり 人の優しさにも触れ

幸せな思い出の一つとなりました

プリンスエドワード島は もちろん島ですが 1997年立派な橋ができて 

車でも行くことができるようになってました

123017.JPG
コンフェデレーションブリッジ 全長13km

123018.JPG

             123019.JPG

123023.JPG123024.JPG

上の左の灯台横の牧草地に放し飼いにされていた馬
123021.JPG123022.JPG
私が写真を撮っている間に いつの間にか次女と仲良しになっていました(笑)

123025.JPG

123026.JPG
普通に庭先に馬車が置いてありました

海の近くのロブスターのお店に行ったら貸切で入れず[もうやだ~(悲しい顔)]

シャーロットタウンの街中のお店で ロブスター&ステーキを~

出てきた量が多くて 残りはテイクアウトして 翌朝いただきました(^^ゞ

シャーロットタウンも素敵な街でしたよ~

123020.JPG

123027.JPG

2日間で見て回った灯台を主にご紹介しました

本当はもっと素敵な景色がたくさんあり ご紹介しきれず残念です

カナダの東部へ行かれる時は 是非 プリンスエドワード島へ足をのばしてみてください

牧歌的で 温厚な島の人々 ゆっくり時が流れ

想像通り 素敵なところでした

翌日モントリオール経由でバンクーバーにもどりましたが

所要時間を考えると 日本へ帰れそう~ カナダはやっぱり広かったぁ~

バンクーバーやシアトルで お土産を買ったり 2~3日休養して帰国しました

バンクーバーからアメリカ国境まで車で30分位
123028.JPG

車で2~3時間でシアトルへ行けるようです

シアトルのアウトレットモールがハイウェイ沿いいくつかあり 激安でした(^_^)v

 

最後は駆け足でのご紹介ですみません

これで「カナダの車窓から♪」シリーズは終了です

私は次女任せで 何も予習せずに行ったので 後悔しています

皆様のカナダ旅行の 少しでも参考になれば幸いです

 

これで今年のブログ更新も最後に・・・・・

たくさんの方にご訪問いただきまして 

また 拙い初心者の写真にお付き合いくだいまして 有難うございました

来年こそは 少しでも上達したいものです

来年のblogは元日の年賀状から・・・・と思っております

来年もよろしくお願いいたします

よいお年をお迎えください

                    鶴&柚


nice!(33)  コメント(8) 

カナダの車窓から♪ 37 [写真:旅行]

キャベンディッシュの西側にある グリーン・ゲーブルズ博物館

もともとはモンゴメリーの叔母の家であったが 

モンゴメリーのウェディングパーティを行ったり 生活し執筆活動もしていた家

現在は 親せき筋の子孫の方が住まわれていて 博物館の館長もされています

122801.JPG

玄関を入ると 大きな薪ストーブが出迎えてくれます

122802.JPG122803.JPG122804.JPG

子孫の方が 実際にまだ使用されていて 中を見せてくださいました

肌寒い季節で とても温まりました

122805.JPG122806.JPG
モンゴメリーの小説にもでてくる 青いチェスト

122807.JPG122811.JPG
最初に入ったベッドルームですが 実際は最後に撮りました

そのわけは・・・・・

122808.JPG122810.JPG
モンゴメリーも猫を飼っていたそうですが(右写真
現在、子孫の方が飼われている猫ちゃんが 2階から降りてきて 展示物の上でスヤスヤ(笑)

まるで当時のモンゴメリーの生活にタイムスリップしたみたいなので

2階にもどされる前に 撮らせていただきました[わーい(嬉しい顔)][カメラ] 

次は モンゴメリーが1911年7月5日 教会で結婚式を挙げたあとウェディングパーティをした部屋

122809.JPG122812.JPG122817.JPG
時計も当時から時を刻み続け                今も弾けるオルガン

ウェディングパーティでも実際に弾かれた 未だ現役のオルガン・・・・・すごい!

122813.JPG122814.JPG
暖炉の前でのモンゴメリー夫妻 ↑                  ↓当時の写真と同じ椅子↑
122816.JPG122815.JPG
40歳位のモンゴメリー バラ柄のレースをあしらった特にお気に入りのサテンドレス

          122820.JPG
          実際にモンゴメリーが着用したウェディングドレス

122821.JPG122822.JPG
122818.JPG122819.JPG
初版本(左)やモンゴメリーが作ったテーブルセンター(右)

ここでは赤毛のアンのグッズが色々買えます

・・・・でカレンダーや写真集や・・・・・ナンバープレートなどなどを購入
         122837.JPG
これはプリンスエドワード島で実際に使える本物~(柚シブシブ撮影協力)(笑)

子孫の方のお話だと 昨年が生誕100周年で 日本人がたくさん訪れたとのこと

次女のバンクーバーなまり英語で カナダ国内から来た日系人だと思われていましたが

私が「赤毛のアン」が大好きで わざわざ日本から来たことと

この地に来れたことにすっごく感激している私の姿に喜んでくださって

16時閉館間際にもかかわらず 丁寧に館内を説明してくださいました

そして特別に 写真集に100周年のスタンプやサインをしてくださり

また再会しましょうとコメントを書き添えてくださいました

また是非うかがいます~と日本語で答えておきました(笑)

本当は涙が出るくらい 嬉しかったのですが・・・・英語が話せない・・・・辛いです

122823.JPG

 

博物館をあとにしてすぐ 小説の中でアンが「輝く湖」と名付けた湖発見!

122824.JPG
アンの腹心の友ダイアナの家の裏にある池・・・・

・・・・でもアンにかかれば 湖面に草、花、空のそれぞれの色が映っては消えたりする様子が

「輝く湖」と表現するのにぴったりだったようです

 

ここからは いつものように車窓からの景色~

122825.JPG

122826.JPG122827.JPG

122828.JPG

122829.JPG

前回 コロコロ牧草を初めてみた画像をアップしましたが

どのようにして あのコロコロした牧草ができるのか不思議でした

・・・・なんと! 実際にコロコロ牧草が出来上がるところをみることができましたよ[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)][手(チョキ)]

ここからは連続してみてください

122830.JPG
122831.JPG
122833.JPG
122832.JPG
122834.JPG
122835.JPG
122836.JPG

初めて続きで 大大・・・大感激~~~~[わーい(嬉しい顔)]

本日もたくさんの方にご訪問いただきまして有難うございました

さすがに年末ともなると 何だか忙しくなってきました~

でもカナダ編 年内アップ完了目指して 頑張ります

・・・・でコメント欄本日もお休みさせていただきます

・・・・・と思ったのですが 一応あけておきます(^^ゞ

 


nice!(33)  コメント(17) 

カナダの車窓から♪ 36 [写真:旅行]

グリーンゲイブルズハウスの周りは花もたくさん

季節がよければもっと咲いていたことでしょう

122701.JPG122702.JPG
122703.JPG122704.JPG

アンの家の裏手にある 「おばけの森」を目指します

122709.JPG122710.JPG
122705.JPG122706.JPG
122707.JPG122708.JPG

アンとダイアナが昼間でも薄暗い森を「おばけの森」と名付けた気持ちが少しわかりました

122711.JPG122712.JPG
122713.JPG122714.JPG
122718.JPG122719.JPG
122720.JPG122721.JPG

             122717.JPG
高い木の下には たくさんの花が・・・・

そして・・・・またまた この島のリスさんに出会いました

122715.JPG

           122716.JPG

おばけの森を抜けると 今にもアンが遠くから手を振っていそうな 広い景色
122722.JPG

ここからまた歩くと 「恋人の小径」と名付けられたロマンチックな並木道があるのですが・・・・

徹夜あけで歩いて もうクタクタ~

諦めて引き返しました

・・・・で例の如く 車窓からの景色を~

本当は黄色いタンポポやルピナスが一面に咲き 赤土の赤と青い空

・・・をイメージしていたのですが・・・・

タンポポはおわり ルピナスはまだまだでした[もうやだ~(悲しい顔)]

122723.JPG

122724.JPG

122725.JPG

122726.JPG

おうちがカラフルで可愛くて お菓子の家みたい~

122727.JPG
この景色~chibirohさんのblogで拝見したコロコロの牧草~

本物初めてみて感激~[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

 

次回は グリーンゲイブルズ博物館

もうひとつの目的  島にあるたくさんの灯台めぐりです~

 

本日もたくさんの方にご訪問いただきまして 有難うございました

年内にカナダの車窓からを終了したく 頑張っています

コメント欄 お休みさせていただきます

 


nice!(37) 

カナダの車窓から♪ 35 [写真:旅行]

小説「赤毛のアン」の世界

作者モンゴメリーの自伝的作品
旅行雑誌の抜粋です)
ルーシー・モード・モンゴメリー(1874~1942年)は ここプリンス・エドワード島のクリフトン生まれ
1歳9か月の時に母親を病気で亡くし、キャベンディッシュにある母方の祖父母アレクサンダー・マクニール夫妻に育てられる。
「赤毛のアン」は 新聞記事で読んだ男の子と間違えて女の子を引き取った夫婦の話にヒントを得たと言われているが、ここで少女時代を過ごした彼女が、この島で見た風景やさまざまなエピソードを、小説の中で大いに生かしていることは容易に想像できる。
1908年8月に初版が出版されて以降、アン・シリーズは第10作まで続く 

物語のあらすじ
プリンスエドワード島のアヴォンリーという町のグリーンゲイブルズと呼ばれる家に
マシューとマリラという老兄妹がくらしていた
畑仕事を手伝う孤児の男の子をもらうはずが
手違いでやってきたのは やせっぽちで赤毛の女の子
アン・シャリーだった
すったもんだの末、2人に引き取られたアンは
心優しい人々との出会いや持前の想像力で、失敗を乗り越えながら成長していく 

 

グリーンゲイブルズハウス・・・・・・アンの世界

赤毛のアンの小説で アンが暮らした家として

当時の仕様されたアンティークなどで再現されていました

実際には作者モンゴメリーの親戚の家

それでは・・・どうぞ~~~~

122601.JPG122602.JPG122603.JPG

122604.JPG
122607.JPG
122605.JPG122606.JPG
1階ダイニングデーブルの上には マリラが大事にしていたバラのつぼみのティーセットが・・・

122608.JPG122609.JPG
122610.JPG122611.JPG
122616.JPG122615.JPG

1階にあるマシューの部屋
122620.JPG

2階にあるマリラの部屋
122617.JPG
122618.JPG122619.JPG
黒いショール

122612.JPG
122613.JPG122614.JPG

アンの部屋
122621.JPG
122622.JPG122623.JPG
122624.JPG122627.JPG
122625.JPG

 

 

 

真鍮のベッド

パフスリーブのワンピース 

孤児院からもってきたカバン

・・・・・などなど

小説の中の小物がたくさん

 

 

 


122626.JPG
122632.JPG
122628.JPG122629.JPG122630.JPG

次回は 

想像力豊かなアンが「おばけの森」と名付けた森や島の自然を

          122631.JPG

本日もたくさんの方にご訪問いただきました有難うございました

コメント欄お休みさせていただきます


nice!(36) 

カナダの車窓から♪ 34 [写真:旅行]

皆さんメリークリスマス

・・・・て あと10分もないのに・・・・・・

皆さんは楽しいクリスマスを過ごされましたか?

私はというと・・・・・・

世間はクリスマスなのに・・・・

風邪でゴロゴロしていたつけで 

昨日から年賀状用の写真撮影で 柚と頑張っておりました

やっと25日までに印刷し終えたのに・・・・出すの忘れたぁ~[もうやだ~(悲しい顔)]

まぁ 1日くらい遅くなっても平気かなぁ・・・・(^^ゞ

元旦に着かなかったらごめんなさいねぇ~[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

 

本題のカナダの写真・・・・・ですが

赤毛のアンの小説でも有名な プリンスエドワード島

私の中では何十年も前から 行ってみたい外国のTopでした

柚パパと次女のおかげで 念願がかないました

 

一睡もせず 早朝にトロント到着

これからプロペラ機に乗るのかな・・・・・・

122501.JPG

と思ったら 小さなジェット機   トロントから3時間~~~やっと着きました(T_T)

122502.JPG

シャーロットタウン空港は赤毛のアン一色!

122503.JPG

カナダの方は 夏 ここで海水浴キャンプゴルフなどを楽しむようですが

バンクーバーからわざわざは行かないみたい(随分遠い~~~)

この島へ行くのは日本人くらいだと・・・バンクーバーの方に不思議がられてました

そのままレンタカーグリーン・ゲイブルズ・ハウスを目指します

地図がアバウトで迷いながら・・・・やっと

122504.JPG

小説の中でアンが暮らした家のモデルになった家は 実際は 作者モンゴメリーの親戚の家

122505.JPG

赤毛のアンの世界を訪れたような雰囲気に部屋が再現されています

           122506.JPG

家の中など詳細は次回へ~

 

本日もたくさんの方にご訪問いただきまして 有難うございました

コメント欄 お休みさせていただきます

 


nice!(34) 

カナダの車窓から♪ 33 [写真:旅行]

エメラルド・レイクをあとにして バンフを目指します

途中 並走する列車を見れるところがありますが なかなか出合えません

122307.JPG122308.JPG

日本のように本数が多いわけではなさそう~

・・・・・でも 1回に走っている長さがとにかくなが~~~~い!

途中 スパイラルトンネルというところで 運が良ければ

トンネルの出口に列車の先頭 入口に列車最終車両が見えるそうです

122303.JPG122302.JPG
122306.JPG122301.JPG
左の赤いのが列車の模型              違う所で見た列車

122304.JPG122305.JPG
途中遠くに見えた 列車の一部        左と右の列車つながってました

列車との並走もスパイラルトンネルの列車も見れませんでしたが

列車がなが~いのだけはわかりました[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

夕方 やっとバンフに到着[車(セダン)]

街全体が 統一感があって とても素敵な山間の街でした

122309.JPG122310.JPG
122311.JPG
122312.JPG122313.JPG

レイク・ルイーズで泊まったホテルと同じ系列の The Fairmont Banff Springs

122314.JPG122315.JPG
            122316.JPG

ここで1泊したかったわぁ~[もうやだ~(悲しい顔)]

バンフは小さな街で 車でぐるっと走って見せてくれました・・・・・・が

次女がぐるっとまわって探していたのは 以前バンフでみた ムース

122317.JPG
お庭からすぐ林・・・みたいなところだから どこかにいそうなもの・・・・

・・・・で何やら発見[目][exclamation&question]

122318.JPG122319.JPG
一瞬のことで お尻しか撮れませんでした[もうやだ~(悲しい顔)][カメラ]

たぶん エルクのようです(次女の話)

鹿のような角もファインダー越しには確認不能[もうやだ~(悲しい顔)]

ムースとの出会いは諦めて 夕食をバンフで済ませることに・・・・

もちろん 脳の指令はスレーキ[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

122320.JPG122321.JPG
暖炉を撮影していたら 火を入れてくれました 

外は小雪まじり お店の方の心遣いと暖炉で すっかり温まりました

122322.JPG122323.JPG
ステーキは一皿ではちょっと物足らないかも・・・・・てことで、次女の分まで少しもらっちゃいました!
122324.JPG122325.JPG
チースケーキ                          ショートケーキ

カナダにショートケーキはないって 以前Bさんがいっていましたが

メニューにあったので頼んでみました

やはり・・・・・

日本のショートケーキとは違い スコーンのようなものに生クリームがかかっているだけ[ふらふら]

味はおいしかったけど ショートケーキと思わない方がいいかな・・・(笑)

満腹になり外へ出ると カラスが・・・・(勘違いでカラスではありませんでしたよ)
          122326.JPG
・・・と思って撮ったのに 後で確認してびっくり~[目][exclamation×2]

黒っぽい頭に白い肩 青い羽根に玉虫色の尾羽・・・なんて珍しい[exclamation×2]

よ~く見ればよかったぁ~[もうやだ~(悲しい顔)]

そんなこんなで 駆け足でバンフをあとにし カルガリーの空港へ

          122327.JPG

予定より早めに到着(夜の9時頃)したので 出発まで空港でのんびり~

することもないので 飛行機を眺めていました

122328.JPG

出発時間 夜中の1時・・・・信じられませ~~~~ん

これから 明け方トロント乗り換えで プリンスエドワード島へ

朝 レイク・ルイーズを出て モレーン・レイクでトレッキングをし

エメラルド・レイクでボートに乗り かなり疲れているのに

これじゃぁ~到着まで一睡もできそうにないわぁ~[がく~(落胆した顔)][たらーっ(汗)]

 

次回 プリンスエドワード島の予定です

あと写真選びも残すこと1000枚ほど・・・・・選ぶのがちょっと雑になってきました(笑)


nice!(40)  コメント(13) 

カナダの車窓から♪ 32 [写真:旅行]

モレーン・レイクから ヨーホー国立公園で最大の湖 エメラルド・レイクへ

ハイウェイから入ると 車が前後になくて・・・・

次女から初めて 車から降りての撮影を許されました

・・・・でもピクチャーポイントではありませんね~

まぁ 文句は言わずに 道路の真ん中から記念撮影[わーい(嬉しい顔)][カメラ]

          122203.JPG

エメラルド・レイク到着[車(セダン)]

122204.JPG

レイク・ルイーズを見慣れているため 何だか・・・感動半減[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

想像していた(エメラルド色)より ミルクバスクリンのような色だわぁ~

122206.JPG

次女のたっての願いで ボートに乗りました

カヌーと言われたけど・・・・それだけは勘弁[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]カメラごと水没したら大変だもの~

122205.JPG

周りの宿泊所などの屋根もエメラルドグリーン色~
122207.JPG

カヌーに乗ったイケメンが競争しようって~~~[がく~(落胆した顔)]
122208.JPG

次女が漕いでいたボートは殆ど進みません[もうやだ~(悲しい顔)]

あえなくイケメンとは「さよ~ならぁ~[手(パー)]

景色でも楽しまなくてはねぇ~

122209.JPG

鳥がえさを探して潜ってましたよ~
122213.JPG

122214.JPG

122215.JPG

122216.JPG

青い鳥発見[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]・・・・名前は Steller's Jay
122212.JPG

122211.JPG

景色も充分楽しんだので そろそろ上陸~
122210.JPG

駐車場脇では・・・・・Columbia Ground Squirrelを発見[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
122201.JPG

            122202.JPG

時間があれば 湖畔をハイキングしたかったなぁ~

もっとたくさんの動物たちとの出会いがあったかも~

次回はバンフからカルガリー飛行場へ~


nice!(31)  コメント(9) 

カナダの車窓から♪ 31 [写真:旅行]

モレーン・レイクの岩山で出会った 動物達 一気に~

今年中に何とかカナダ編を終わりたいので 

枚数多いですが すみません

まずあらわれたのが Golden-mantled Ground Squirrel
122101.JPG

            122102.JPG

これからは お食事中をご覧ください 
122103.JPG122104.JPG122105.JPG122106.JPG122107.JPG

          122108.JPG 

          122109.JPG

          122110.JPG

          122111.JPG

下山する時にあったGolden-mantled Ground Squirrel

人懐っこいリスさん[わーい(嬉しい顔)]

122112.JPG

122113.JPG

          122114.JPG

          122115.JPG

          122116.JPG

          122117.JPG

122118.JPG

122119.JPG

岩に座ると リュックに登ろうとして 油断できません

          122120.JPG

122121.JPG

近くに寄りすぎ~ ピンボケになっちゃうよ~[ふらふら]

          122122.JPG  

きっと何か欲しかったのでしょうが・・・・野生動物に餌をやってはいけないので・・・・

ごめんね~[もうやだ~(悲しい顔)] 

モレーン・レイクのガイドさんと会った時 珍しい動物を見かけました

122124.JPG
                               Pika

ネズミくらいの大きさで 岩と保護色になっていて とても見つけにくいそうです

ネズミでなく兎の仲間

ガイドさんも  ピカを見れるなんてラッキーだね・・・と言ってました

レイク・ルイーズでも見かけた Clark's Nutcracker また会えましたね~[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
           122123.JPG 

最後に~ 犬ぞりのように 大きなワンちゃんばかり
122125.JPG

Pine Marten(テンの仲間)だと思われたものも見かけたのですが すぐに見失いました  

たくさんのリスにお付き合いくださって有難うございました

次回は エメラルド・レイクへ 

          


nice!(34)  コメント(15) 

カナダの車窓から♪ 30 [写真:旅行]

心はイルミに奪われ 何だかカナダ写真を選ぶのがちょっと・・・・

間があきましたが・・・・・

レイク・ルイーズを出てからの続きです

モレーン・レイクを見るのに なぜかとんでもなくハードな道を選択してしまって[ふらふら]

バベルの塔と呼ばれる円筒形の岩山方面からモレーン・レイクを眺めることに

       121401.JPG

         121402.JPG
あぁ~あんなに人が小さいぃ~~~[がく~(落胆した顔)]

足元はゴツゴツした岩ばかりで すっごく大変[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]

でも 頑張った甲斐はありましたよ~[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)][手(チョキ)]

         121404.JPG

どこの国の方も 同じように写真を撮ってました~ブルーの洋服が湖とぴったり!

         121405.JPG

湖の周りをハイキングできるコースでもよかったかなぁ・・・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

         121403.JPG
右下に見える 赤と黄色の小さなのが 人ですよ~・・・・小さいぃ・・・[がく~(落胆した顔)]

とても湖畔に降りる元気はありませ~ん[もうやだ~(悲しい顔)]

湖と反対側を見ると 昔は右図のように氷河だったところ~

121406.JPG121407.JPG

やっとの思いで降りていくと

モレーン・レイク・ロッジ脇の湖

またまた 岩と大木を超えて・・・・

121408.JPG

121409.JPG

121410.JPG

危うく 岩の上から真っ逆さまに落ちそうで 冷や汗ものでした[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]

大変でしたが 岩と格闘しながらも 楽しい出会いがたくさん

その模様は次回に[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

 


nice!(21)  コメント(7) 

カナダの車窓から♪ 29 [写真:旅行]

レイクルイーズ湖畔 

グリズリーベアはいないかと 目を皿のようにして遠くをみながら歩いていると

いきなり後ろから 毛むくじゃらの物が私に体当たりするように すり抜けていきました

思わず体を丸めて 目をつぶってしまい[ふらふら][どんっ(衝撃)]

その一瞬で 心の中で一生懸命考え・・・・

まさか・・・・ベアじゃなくても・・・いのしし?・・・そんなのいるの?

・・・・なんて ドキドキしながら 前方を見ると

やっぱり@@ 大きな毛むくじゃら~

大きなシャパードでした

後ろにいた飼い主さんに注意され もどってきます

120701.JPG

えぇ~~~また私の方へ近づいてくる~~~[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]ヒェ~~~~[あせあせ(飛び散る汗)]

120702.JPG

もう元気良すぎて またまた よけた私の横をかすめるようにすりぬけていきましたよ~~~

救助犬の資格をもっている 同宿のワンちゃんでした

         120703.JPG
         飼い主さんに言われて ちょっとだけじっとしてますが・・・・・

前方にワンちゃん発見[exclamation×2]

120704.JPG

思いっきりシェパードは走って行きました[ダッシュ(走り出すさま)]

大きいワンちゃん同士 喧嘩にならないかヒヤヒヤでしたが・・・・

元気だけど 2ワンともフレンドリー[わーい(嬉しい顔)]

          120705.JPG

2ワンはじゃれあいながら走りまわって 

またまた2ワンで体当たり~~~[ふらふら][あせあせ(飛び散る汗)]

大きなワンちゃんを間近でみれて 嬉しいような怖いような・・・・[わーい(嬉しい顔)]

こんな楽しい出会いがあるものだから 

チェックアウトの時間を考えるとホテルにもどらないと・・・・

近くに見えそうで 遠い湖の奥~

         120706.JPG

次回 レイクルイーズを訪れたら 1周してボートにも乗ってみたいなぁ~

・・・・なんて思いながら もどっていると 晴れてきました

120707.JPG

120708.JPG

すごいスピードで飛び回ってるのは つばめかな?

120709.JPG

最後に 定番のピクチャースポットから1枚

120710.JPG

雪が降ったり晴れたり 天候に振り回された 湖畔散策でした

チェックアウトを済ませて 

丸1日気ままに 色々な湖をみながら カルガリーを目指します

その模様は また次回へ


nice!(34)  コメント(15) 
前の10件 | - 写真:旅行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。