So-net無料ブログ作成
検索選択

カナダの車窓から♪ 35 [写真:旅行]

小説「赤毛のアン」の世界

作者モンゴメリーの自伝的作品
旅行雑誌の抜粋です)
ルーシー・モード・モンゴメリー(1874~1942年)は ここプリンス・エドワード島のクリフトン生まれ
1歳9か月の時に母親を病気で亡くし、キャベンディッシュにある母方の祖父母アレクサンダー・マクニール夫妻に育てられる。
「赤毛のアン」は 新聞記事で読んだ男の子と間違えて女の子を引き取った夫婦の話にヒントを得たと言われているが、ここで少女時代を過ごした彼女が、この島で見た風景やさまざまなエピソードを、小説の中で大いに生かしていることは容易に想像できる。
1908年8月に初版が出版されて以降、アン・シリーズは第10作まで続く 

物語のあらすじ
プリンスエドワード島のアヴォンリーという町のグリーンゲイブルズと呼ばれる家に
マシューとマリラという老兄妹がくらしていた
畑仕事を手伝う孤児の男の子をもらうはずが
手違いでやってきたのは やせっぽちで赤毛の女の子
アン・シャリーだった
すったもんだの末、2人に引き取られたアンは
心優しい人々との出会いや持前の想像力で、失敗を乗り越えながら成長していく 

 

グリーンゲイブルズハウス・・・・・・アンの世界

赤毛のアンの小説で アンが暮らした家として

当時の仕様されたアンティークなどで再現されていました

実際には作者モンゴメリーの親戚の家

それでは・・・どうぞ~~~~

122601.JPG122602.JPG122603.JPG

122604.JPG
122607.JPG
122605.JPG122606.JPG
1階ダイニングデーブルの上には マリラが大事にしていたバラのつぼみのティーセットが・・・

122608.JPG122609.JPG
122610.JPG122611.JPG
122616.JPG122615.JPG

1階にあるマシューの部屋
122620.JPG

2階にあるマリラの部屋
122617.JPG
122618.JPG122619.JPG
黒いショール

122612.JPG
122613.JPG122614.JPG

アンの部屋
122621.JPG
122622.JPG122623.JPG
122624.JPG122627.JPG
122625.JPG

 

 

 

真鍮のベッド

パフスリーブのワンピース 

孤児院からもってきたカバン

・・・・・などなど

小説の中の小物がたくさん

 

 

 


122626.JPG
122632.JPG
122628.JPG122629.JPG122630.JPG

次回は 

想像力豊かなアンが「おばけの森」と名付けた森や島の自然を

          122631.JPG

本日もたくさんの方にご訪問いただきました有難うございました

コメント欄お休みさせていただきます


nice!(36) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 36

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。